当日・即日、急な引越し!さあどうしようとあわてないために

急に引越しをしないといけなくなったというとき、どうしてもあわててしまいますよね。

 

せめて1か月以上時間がほしいところですが、中には今週中や当日、即日といった緊急の引っ越しを求めている人もいます。

 

急な引っ越し理由もいろいろあるでしょう。

 

  • 突然会社から転勤を言い渡されたため
  • 親が突然倒れて、両親の近くに住まなければならないため
  • 夫婦で別居しなければならないため
  • ストーカーから逃れるため

 

 

こんなときにはまず業者にお任せしたほうが賢明です。

 

引越しに慣れているのならともかく、普通の方はあわててしまって結局引越しできないとなりかねません。

 

お金をたくさんお持ちであれば、大手引越し業者一択でお任せすればいいですが、

 

すこしでも早く、安く、こちらの都合に合わせた引越しをしようとすると

 

いろんな引越し業者に問い合わせをしなくてはいけません。

 

そこで便利なのは、まとめて一括見積をしてくれるサイトです。

おすすめ引越し一括見積業者ランキング

 

引越し侍

引越し侍の特徴

2006年6月にオープンして以来、多くのお客さまに一括見積もり&料金比較をご利用いただき、おかげさまでトータルご紹介件数1124万件突破を突破いたしました。提携業者数も業界トップクラスの150社以上です。安心と信頼の「引越し比較ガイド」をぜひ、ご利用ください!

価格 0円
評価 評価5
備考 引越し業者全国150社以上!1分で完結。最大10社からスピード見積り!
 
 
引越し達人セレクトの特徴

お安く引越しするなら!!『引越し達人セレクト』 無料見積比較申込で引越代金が最大55%OFFに。 更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。 登録は最短1分で可能!

価格 0円
評価 評価5
備考 無料見積比較申込で引越代金が最大55%OFFに。更に最大6万円のお祝い金が全員にチャンス。
 
 
引越しラクっとNAVIの特徴

引越しラクっとNAVIでは、専用のサポートセンターが1度ヒアリングをすることで、引越し会社と話すことなく、お見積りが出てきます。 これは、ユーザーさんのお荷物を、引越し専門のサポートセンターがヒアリングしたからこそ、 提携している引越し会社が情報を信頼してくれて、ギリギリの価格を出してくれています。 法人の転勤に伴うお引越しで上場企業を中心に400社以上の実績があります。 まずは会員登録から

価格 0円
評価 評価4.5
備考 嵐の様な電話攻撃を受けずに、簡単に一括見積りがとれる
 
 
ズバット引越し比較の特徴

大手引越し業者も多数参加!厳選引越し業者は100社以上! 無料一括見積もりで引越し業者を比較&検討 最適な引越し業者でおトクに賢く引越そう!

価格 0円
評価 評価4.5
備考 利用者数220万人突破!引越し見積もりサイトの決定版☆
 
 
トレファク引越の特徴

引越を機に不用になったお品物を、リサイクル業界で20年の実績があるトレジャーファクトリーがしっかり査定し、買取いたします。 引越と買取の見積は同時に行い、買取品は引越直前まで使えるため、おトクに快適に、引越を行えます。

価格 0円
評価 評価5
備考 「引越・買取・処分」を一括で利用できる新しい引越サービス
 

引越し業者の利用方法

引越し業者を探す際には、多くの引っ越し業者から見積もりを取って検討することが必要です。

 

引越し業者から、多くの見積もりを取るには多くの業者と連絡を取り合わなくてはいけません。

 

これが結構面倒ですよね。

 

電話であれば、一社ずつ予定を聞いて空きの確認をしながら見つけていくという大変手間がかかる作業です。

 

 

しかし、無料一括見積サイトならば一回あなたの情報を入力するだけでOK。

 

一括申し込みの欄には引越し希望日も登録でき、入力するとその日に対応できる業者が連絡してくれます。

 

しかも、一括見積請求ならばあなたが希望した日に対応できる引越し業者だけ連絡をくれるので、すぐに引越ししたい人にとってはとても便利です。

 

急な引っ越しのまとめ

引越し業者の見積もり取得

とりあえず、多くの引越し業者の見積もりを取ることが必要ですので、急いでいる時こそ、一括見積請求サイトを利用しましょう。
見積もりは無料なので、損はありません。

 

現在居住の部屋・建物の解約

賃貸であれば、仲介業者さんにまず連絡します。
ふつうは一か月前以上に通知しないと家賃を翌月分まで請求されますので、とりあえず一日も早く連絡しましょう。
また、最後の現状確認(部屋を壊していないかのチェック)がありますが、忙しくて立ち会えない場合修繕費が必要以上かかる場合があります。

 

電気・水道・ガス・電話・ネットの解約・移転

最近は電話だけでなくネットにによる引越し受付を用意しているところもあります。
これもついつい忘れがちですので、早めに連絡を取ります。

 

役所への転居届

これも忘れてしまうと引越しした後に転居前の区役所に出向かないといけませんので、忘れないようにしましょう。